carloan-kojinsaisei

自家用車を購入する際、一括支払いすることが難しいのでマイカーローン(車のローン)を組んで購入することがあります。車のローンがある状態で個人再生を利用すると、車は無くなってしまうのでしょうか。

今回は、車のローンがある場合に個人再生を利用すると車を手放すことになってしまうのかについて、先生に聞いてみましょう!

個人再生すると車が無くなるの?

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、車のローンがある場合に個人再生手続きを利用すると、車が無くなってしまうのかについて教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。車のローンとは車を購入する際に組むローンのことですね。信販会社やローン会社、ディーラーに紹介してもらうオートローンなどもありますね。

けんた君けんた君

そうなんです。個人再生の場合、住宅ローン支払いがある場合には住宅資金特別条項で自宅を守ることが出来るので、同じように車のローンがある場合にも車を守る方法がないか知りたいんです。

ゆい先生ゆい先生

残念ながら、車のローンがある場合に個人再生手続きを執ると車は無くなることになります。個人再生では、車のローンについては住宅ローンのような特則はないので、車を守ることは出来ないのです。

けんた君けんた君

なるほど。個人再生では、車のローン債権者だけを特別扱いして車のローンだけを支払うということは出来ないんですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。

車のローンの仕組み「所有権留保」とは?

ゆい先生ゆい先生

車のローンを債務整理すると車がなくなるのは、車のローンを利用する場合、ローン完済までの間は車の所有者がローン会社になっているからですよ。

けんた君うーん

車を購入して、自分たち家族が車を利用していても、ローン完済までは所有者名義がローン会社になっているということですか?

ゆい先生ゆい先生

そうです。車検証を見れば所有者がローン会社名義になっていることがわかりますよ。ローンを完済したら、車の所有名義をローン会社から購入者に移転してもらうことになります。

けんた君うーん

車の所有者がローン会社であることと、個人再生したら車がなくなることと、何か関係があるのですか?

ゆい先生ゆい先生

あります。個人再生をすると、ローン支払いが滞り、さらには返済額が減額されてしまいます。このような場合に備えてローン会社は所有名義をローン会社にとどめているのです。

けんた君けんた君

ローン会社は、借金の滞納があったり債務整理した場合に車を引き上げるために、ローン完済までの車の所有名義をローン会社にとどめているのですね。

ゆい先生ゆい先生

そうです。このような担保設定方法のことを、法律用語で「所有権留保」と言いますよ。

債務整理する場合には弁護士に相談する!

けんた君けんた君

車のローンがある場合に個人再生すると車がなくなることはわかりましたが、債務整理しても車を守る方法はないんですか?

ゆい先生ゆい先生

その場合には、任意整理を利用する方法がおすすめです。任意整理なら対象とする債権者を選べるので、車のローン債権者を外して手続きすれば車にそのまま乗り続けることが出来ますよ。

けんた君けんた君

なるほど、わかりました。車のローンがある場合の債務整理方法には、工夫が必要なのですね。

ゆい先生ゆい先生

はい。このように、債務整理は手続選択が非常に重要です。間違った手続きを利用すると、思わぬ不利益を被る可能性がありますよ。

けんた君けんた君

確かにそうですね。そのような問題を避けるには、弁護士などの専門家に相談することが大切ですね。

ゆい先生ゆい先生

そのとおりです。車のローンがあったり個人再生を検討している場合でも、まずは無料相談で弁護士の話を聞いてみることがおすすめです。

けんた君OK

わかりました。ありがとうございました。

まとめ
車のローンがある場合に個人再生手続きを利用すると、車はなくなってしまいます。これは、車のローンではローン完済まで車の所有名義がローン会社になっているからです(所有権留保)。車のローンがある場合には、任意整理で車のローンを外して手続きする方法が有効です。

車のローンがあったり個人再生を検討している場合には、弁護士に相談しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!