credit-shopping-saimuseiri

クレジットカードにはキャッシングとショッピングの機能があり、買い物をする場合にはカード一枚で簡単に欲しいものが手に入るので、ついつい使いすぎてしまいます。クレジットカードのショッピングは「借金」とは異なるイメージがありますが、ショッピング利用分も債務整理で解決できるのでしょうか。

今回は、クレジットカードのショッピング利用分の支払が苦しい場合に債務整理で解決出来るのかについて、先生に聞いてみましょう!

クレジットカードのショッピング利用の仕組み

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、クレジットカードのショッピング利用分の支払が苦しい場合にも債務整理で解決できるのかについて、教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能がありますね。

けんた君けんた君

はい、キャッシング機能は純粋にクレジットカード会社からお金を借りる機能ですよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、これに対しショッピング機能は、クレジットカード会社にいったん買い物代金の立替払いをしてもらう機能ですよ。

けんた君けんた君

ショッピング機能を利用した場合、利用者はクレジットカード会社に対してその立替金額を一括や分割で支払っていくことになるんですよね。

ゆい先生ゆい先生

そうです。クレジットカードのショッピング利用分については、立替金という種類の債権になりますよ。分割払いやリボ払いにする場合にはカード会社に対して手数料を支払う必要も出てきます。

けんた君けんた君

なるほど、クレジットカードのショッピングの仕組みはそのようになっているんですね。

クレジットカードのショッピング利用も債務整理出来るの?

けんた君うーん

クレジットカードのショッピング利用の仕組みについては理解出来ましたが、クレジットカードのショッピング分も債務整理の対象になるんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

はい、なります。債務整理では、純粋な「借金」だけではなく、家賃や買掛金、慰謝料などのほとんどすべての種類の債務を対象とすることが出来ますよ。もちろん、クレジットカードのショッピング利用の立替金も債務整理の対象になります。

けんた君うーん

どの債務整理方法でもクレジットカードのショッピングを対象にすることが出来ますか?

ゆい先生ゆい先生

はい、出来ます。任意整理でも個人再生でも自己破産でも、ショッピング利用を対象にすることが可能ですよ。

高額なショッピングの場合問題はある?

ゆい先生ゆい先生

クレジットカードのショッピング利用分は債務整理の対象になりますが、自己破産する際には問題になることがありますよ。

けんた君けんた君

それは、買い物の金額が高すぎる場合などですか?

ゆい先生ゆい先生

そうです。自己破産では浪費があると免責を認めないという免責不許可事由があります。クレジットカードでのショッピングが過ぎると、この浪費に該当してしまうおそれがあります。

けんた君うーん

浪費とみなされると、免責は一切受けられないんですか?

ゆい先生ゆい先生

一切ということはありません。きちんと反省して今後同じ過ちを犯さないと誓っている場合などには広く裁量免責が認められているので、過剰に恐れる必要はありません。

けんた君けんた君

それを聞いて安心しました。

クレジットカードのショッピング返済が出来ないなら

けんた君けんた君

クレジットカードのショッピング利用分も債務整理できるとわかって安心しましたが、債務整理する際には弁護士などの専門家の助けがないと難しそうですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、手続選択などの問題も大切です。まずは無料相談を利用して自分の状況を説明し、弁護士にアドバイスをもらいましょう。

けんた君OK

わかりました。ありがとうございました。

まとめ
クレジットカードのショッピング利用分の支払が苦しい場合も債務整理で解決出来ます。自己破産する場合には、ショッピング利用の度が過ぎると免責不許可事由に該当する可能性がありますが、実際には裁量免責が認められるケースが多いです。

クレジットカードのショッピング利用分の返済が苦しく債務整理したい場合には、弁護士に相談しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!