hosyounin-hensaigimu

元々結婚していても、配偶者の借金が原因で離婚することがあります。この場合、配偶者の借金返済義務が自分に及ばないために離婚することも多いですが、配偶者の借金の保証人になってしまっている場合には、離婚しても借金返済義務が無くならないのでしょうか。その場合の対処法も気になります。

今回は、配偶者の借金が原因で離婚した場合でも、保証人になっていると返済義務があるのかについて、先生に聞いてみましょう!

配偶者の借金返済義務は自分には及ばない

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、配偶者の借金が原因で離婚した場合に、その配偶者の借金の保証人になっていると借金返済義務を免れないのかについて、教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。確かに配偶者の借金が自分に及ばないために離婚するケースはありますが、実際には離婚しなくても配偶者の借金返済義務は自分には及びませんよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。配偶者が返済出来なくなった場合に代わりに自分に返済請求されることはないんですか?

ゆい先生ゆい先生

それはありません。借金は個人ごとの契約なので、たとえ配偶者であっても他者の借金返済義務が自分には及びません。債権者からも請求は来ませんよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。

保証人になっていると離婚しても返済義務が残るの?

けんた君うーん

でも、配偶者の借金が自分に及ばないために離婚した場合であっても配偶者の保証人になっている場合には借金返済義務が自分に及ぶんじゃないですか?

ゆい先生ゆい先生

はい、及びます。借金の保証人は、主債務者が返済出来なくなった場合に備えて代わりに返済すべき人なので、元配偶者が主債務者の場合にも、その人が返済しなくなったら保証人として代わりに返済しなければならなくなります。

けんた君けんた君

それは大変ですね。たとえば配偶者の場合、住宅ローンの連帯保証人になっていることなどが多いですよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、夫が事業をしていて事業資金借り入れのための連帯保証人になっているケースなどもあります。このような場合に元夫が返済しなくなったら、自分が借金残金の返済をしなければならなくなりますよ。

けんた君けんた君

そんなことになったら大変ですね。

離婚した配偶者の保証人になっている場合の対処法

けんた君うーん

離婚した元夫の借金の保証人になっていて、元夫が借金返済しなくなったらどのように対処すればいいんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

その場合には、自分が支払が出来るかどうかが問題になります。支払が出来るのであれば支払っても良いでしょう。

けんた君うーん

支払が出来ない場合には、債務整理で解決出来るんですか?

ゆい先生ゆい先生

出来ます。保証人としての債務も債務整理の対象になります。任意整理も個人再生も自己破産も利用出来ますよ。

けんた君けんた君

最悪の場合、自己破産をして元夫の借金の保証債務を0にすれば返済しなくてよくなるわけですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。

保証人問題で悩んでいるなら弁護士に相談しよう!

けんた君けんた君

離婚した元夫の借金の保証人になっていて、保証債務の支払が出来ない場合には1度弁護士に相談に行った方がよさそうですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、それにまだ具体的には請求が来ていなくても、保証人としての責任や今後の返済が心配な場合にも弁護士に相談してアドバイスをもらうと安心出来ますよ。そもそも保証人になっているかどうかわからない場合も、対応を相談してみると良いでしょう。

けんた君けんた君

確かにそうですね。じゃあ、離婚した元夫の借金返済の保証人になっていることが心配な場合には、弁護士に相談すべきですね。

ゆい先生バイバイ

まずは気軽な無料相談を利用するのがおすすめです。がんばってくださいね。

まとめ
配偶者の借金が原因で離婚しても、配偶者の借金の保証人になっている場合には借金返済義務を免れることは出来ません。元配偶者の借金保証分が返済出来ない場合には債務整理で解決することが出来ます。

元配偶者の借金の保証人問題で悩んでいる場合には、弁護士に相談してアドバイスしてもらうのが最良の解決法になります。まずは無料相談を利用しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!