jikohasan-zaisanbunyo

消費者金融やクレジットカードなどの債務がかさんで返済ができなくなったら自己破産で借金返済義務を0にしてもらう方法が有効です。しかし、自己破産前に離婚をして財産分与をしていると、自己破産手続き上問題になることがあるのでしょうか。

今回は、離婚で財産分与をしていた場合に自己破産手続きで問題が起こるのかについて、先生に聞いてみましょう!

自己破産では財産隠しが許されない

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は離婚して財産分与をしていた場合に自己破産する場合の問題について教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。基本的に離婚と自己破産とは無関係の手続きなので、離婚していても自己破産することはできますよ。

けんた君うーん

それはそうなんですが、離婚に伴って財産分与をしていた場合、それが自己破産手続き上問題になることはないんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

それはあり得ます。まず、自己破産では財産隠しをすることが許されないという決まりがありますよ。

けんた君けんた君

そうですよね。自己破産では債務者に財産があると、全部失うことになってしまうんですよね?

ゆい先生ゆい先生

生活に最低限必要なもの以外は換価されて債権者に配当されます。そのためにときどき財産隠しをする人がいますが、財産隠しがあると自己破産手続きに大きな支障が発生しますよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。

離婚による財産分与が財産隠しと見なされることがある!

けんた君うーん

自己破産前に離婚に伴う財産分与があった場合、その財産分与が自己破産手続き上財産隠しと見なされるんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

あります。基本的に離婚にともなう慰謝料や財産分与の支払いは財産隠しには該当しませんが、偽装離婚の場合であったり財産隠しをするために離婚の財産分与を利用しただけの場合などには、財産分与が財産隠しと見なされるケースがあります。

けんた君けんた君

離婚に伴う財産分与のすべての場合に財産隠しになるわけではないんですね。

ゆい先生ゆい先生

すべてではありません。ケースバイケースの判断になりますよ。これについては離婚に伴う慰謝料の支払いも同じです。

けんた君けんた君

なるほど、そうなんですね。

財産隠しと見なされた場合の影響

けんた君うーん

離婚に伴う財産分与が自己破産手続きで財産隠しと見なされた場合、具体的に自己破産手続きにどのような影響が出るんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

その場合、まず破産管財人が財産分与の効果を否認してしまうことが考えられますよ。

けんた君うーん

財産分与が否認されたら、財産分与がなかったことになってしまうんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

そうです。その場合、財産分与を受けた人は管財人から財産の返還を請求されることになります。

けんた君けんた君

他にも財産隠しと見なされた場合に考えられる影響はありますか?

ゆい先生ゆい先生

あります。財産隠しは免責不許可事由に該当しますので、財産隠しが発覚すると免責が受けられなくなる可能性がありますよ。

けんた君けんた君

自己破産で免責が受けられないと言うことは、借金が無くならないと言うことですよね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。免責が受けられないと自己破産をした意味がなくなります。

けんた君けんた君

それは大変ですね。

離婚後自己破産する場合には弁護士に相談する!

けんた君けんた君

離婚で財産分与した場合に自己破産手続き上問題になる可能性があることはわかりましたが、個別のケースでどのような判断になるのかについては専門家に聞かないとわからないことですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、だから離婚後自己破産をする場合には弁護士や司法書士にアドバイスをもらうことが大切ですよ。

けんた君けんた君

そうですね。まずは無料相談を利用すると良さそうですね。

ゆい先生バイバイ

そのとおりです。がんばってくださいね!

まとめ
離婚に伴う財産分与をしても基本的には財産隠しにはなりませんが、ケースによっては財産隠しとみなされることがあります。自己破産で財産隠しをすると、財産分与の効果が否認されたり免責が受けられなくなるおそれがあります。

離婚後自己破産をする場合には、無料相談を利用して弁護士に相談しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!