jikohasango-seikyu

消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンなどの借金がかさんで返済が苦しくなったら自己破産で解決する方法が有効です。しかし個人からの借り入れがあった場合など、自己破産後も請求を辞めない債権者が現れる場合があります。この場合、やはり返済は必要なのでしょうか。対処方法が知りたいところです。

今回は、自己破産後も請求を辞めない債権者への対処方法について先生に聞いてみましょう!

自己破産すると借金返済義務がなくなる

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は自己破産後も請求を辞めない債権者がいる場合の対処方法について、教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。自己破産をすると、基本的にそれまでにしていた借金の返済義務がなくなりますよ。

けんた君けんた君

裁判所で免責決定をしてもらうことで返済義務が免除されるんですよね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。それは業者からの借金も個人からの借金も同じで、すべての借金返済義務が0になります。

けんた君けんた君

それは非常に助かりますね。

自己破産後も請求を辞めない債権者への支払いは?

けんた君うーん

自己破産をすると借金返済義務がなくなるといっても、実際に個人の債権者などは請求を辞めないことがあるんです。とてもしつこくて家にまで押しかけてくることもあるんですが、やっぱり返済しないといけないんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

いいえ、返済の必要はありません。自己破産をすると法的には完全に支払い義務がなくなりますので、たとえ家に押しかけられるなどの嫌がらせがあっても支払いの必要はありませんよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。それは少し安心です。

自己破産しても返済してはいけないわけではない

けんた君うーん

自己破産すると借金返済しなくていいことはわかりましたが、それは返済してはいけないということなんでしょうか?請求を辞めない債権者に支払いをしてあげたい場合にも支払ってはいけないんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

いいえ、そういうわけではありません。自己破産をすると借金返済義務がなくなりますが、これは義務がなくなっただけであって、返済してはいけないと言うことではありませんよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。じゃあ、返済義務がなくなっても自分で支払ってもいいと考えた場合には借金の返済をしてもかまわないのですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。ただし、それは免責後に許されることであって、免責前には絶対にしてはいけないことです。免責前に一部の債権者に支払いをすると、免責不許可事由(偏頗弁済)になってしまいますよ。

けんた君けんた君

わかりました。

自己破産後請求を辞めない債権者への対処方法

けんた君うーん

自己破産をすると、請求を辞めない債権者がいても支払う必要がないとわかりましたが、請求を受けた場合にはどうしたらいいですか?

ゆい先生ゆい先生

まずは、「自己破産をしたから支払い義務がなくなっている」ということを説明し、「支払う意思もない」ことをしっかりと伝えましょう。自己破産での免責許可決定書のコピーを見せても良いです。

けんた君うーん

なるほど、そうですね。ただ、それでも聞いてもらえず債権者が家に押しかけてきて帰ってもらえなかったり嫌がらせをされた場合などはどうしたらいいですか?

ゆい先生ゆい先生

その場合、債権者の態度によっては脅迫や恐喝、不退去罪などの刑事罰が問題になることもあります。あまりに酷い場合や身に危険が及ぶような場合には警察や弁護士に相談するといいですよ。

けんた君OK

なるほど、わかりました。

自己破産をしようと思ったら

けんた君けんた君

自己破産しても請求を辞めない債権者への対処方法はわかりましたが、このような問題は素人にはわからないことですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、だからこのような自己破産にまつわる問題が気になっている場合には、無料相談などを利用して弁護士のアドバイスをもらうことがおすすめですよ。

けんた君OK

確かにそうですね。よくわかりました。ありがとうございました。

まとめ
自己破産後も請求を辞めない債権者がいますが、自己破産後は借金支払い義務がなくなっているので返済の必要はありません。ただし、任意で返済をすることは可能です。自己破産後も請求を辞めない債権者に対しては「支払う必要がない」ことと「支払う意思がない」ことをしっかり伝え、場合によっては警察や弁護士に対応を相談しましょう。

自己破産後請求を辞めない債権者のことが心配な場合なども弁護士に相談してアドバイスをもらいましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!