kabaraikin-housyuugaku

過払い金請求をすると借金していたのにお金が取り戻せることがあります。過払い金請求は弁護士などの専門家に依頼する方法が一般的ですが、弁護士に依頼すると返ってきた過払い金の何%など、パーセンテージによって報酬金がかかります。

報酬金のパーセンテージは、低い方が得な気がしますが、本当にそれだけで判断して良いのでしょうか。

今回は、過払い金の報酬金についての考え方について、先生に聞いてみましょう!

過払い金請求の報酬金はパーセンテージで決まる

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、過払い金請求の報酬金は、パーセンテージが低い方が本当にお得なのかについて教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは、過払い金請求を弁護士に依頼すると返ってきた過払い金に対して報酬金がかかりますね。

けんた君けんた君

そうですよね。その場合、返ってきた過払い金の金額の何%というパーセンテージによって報酬金額が決まるんですよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、相場はだいたい15~20%となっています。たとえば100万円返ってきて報酬金のパーセンテージが15%の事務所なら15万円が過払い報酬金になります。

過払い金では返ってくる金額の方が重要

けんた君けんた君

過払い金請求の報酬金がパーセンテージで決まるなら、過払い金請求を依頼する場合、報酬金のパーセンテージが低い事務所に依頼する方が得になりますよね?

ゆい先生違う

そうとは言い切れません。というのも、過払い金請求ではそもそもいくらの過払い金が返ってくるのかが重要になるからです。

けんた君けんた君

確かにそうですね。50万円しか返ってこない場合と100万円返ってくる場合だと、同じパーセンテージでも手元に入ってくる金額が全然違ってきますね。

ゆい先生ゆい先生

そうです。たとえば50万円しか返ってこなかったら過払い報酬金が15%でも、手元に返ってくる金額は50万-75000=42万5千円ですが、100万円が返ってきたら、過払い報酬金が20%でも100万-20万=80万円が手元に返ってくることになりますよ。

けんた君けんた君

それは大きな差になりますね!

積極的に全額回収を目指す弁護士を選ぶ

けんた君うーん

過払い金請求は、依頼する事務所によって返ってくる過払い金の金額に差が出るものなんですか?

ゆい先生ゆい先生

かなりの差が出ます。過払い金請求は、早期に簡単に合意したら多くは返ってきませんが、粘り強く交渉を続けてときには訴訟を起こすようなスタンスで望めば、それなりに多くの金額が返ってくることが多いです。

けんた君けんた君

訴訟になったら遅延損害金も請求出来ますよね。

ゆい先生ゆい先生

それも可能です。だから、過払い金請求を依頼する弁護士を選ぶ場合には、報酬金のパーセンテージだけではなく、どれだけ多くの過払い金を回収してくれるかという事務所の姿勢で選ぶことが大切ですよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。積極的に全額回収を目指してくれるような事務所に依頼するのが良いと言うことですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。

過払い金請求に強い弁護士の探し方

けんた君けんた君

報酬金のパーセンテージにかかわらず、過払い金請求に強い弁護士は、どのようにして探せば良いんですか?

ゆい先生ゆい先生

まずは、ホームページを見て過払い金や債務整理などに力を入れているかどうかをチェックしましょう。そして、実際に面談を受けた際に「積極的に訴訟をしてでも過払い金の全額回収を目指してくれるか」を質問してみて、返答を見て決めると良いでしょう。

けんた君OK

なるほど、直接質問しても良いのですね。わかりました。

過払い金請求したい場合には?

けんた君けんた君

過払い金請求の報酬金の考え方についてはよくわかりましたが、過払い金請求したい場合、まずは良さそうな弁護士をみつくろって無料相談を受けることが大切ですね。

ゆい先生ゆい先生

そのとおりです。いくつかの事務所で無料相談を受けて、一番良さそうな事務所に依頼すると良いでしょう。

けんた君OK

わかりました。ありがとうございました。

まとめ
過払い金請求を弁護士に依頼すると、返還された過払い金のパーセンテージに応じて報酬金がかかります。過払い金請求ではパーセンテージよりもどれだけ多くの過払い金が返ってくるかが重要です。過払い金請求を依頼する弁護士を探すには、ホームページで確認したり、積極的に過払い金回収する方針かどうかを質問してみると良いでしょう。

まずはいくつかの事務所で無料相談を受けて依頼する事務所を判断しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!