kojinsaisei-gengaku

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、ショッピングリボなどの債務がかさんで返済が苦しくなったら、債務整理が有効な解決方法になります。個人再生を利用すると、借金返済額が大幅に減額出来ますが、具体的にどのくらい減額することが出来るのでしょうか。元々の借金の額によっても減額幅が異なるかなども知りたいところです。

今回は、個人再生で借金がどのくらい減額出来るのかについて先生に聞いてみましょう!

個人再生について簡単におさらい

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、個人再生でどのくらい借金が減額出来るのかについて、教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。個人再生は、裁判所に申し立てをして借金返済額を大幅に減額してもらい、その返済額を原則3年間の間に支払っていく手続ですよ。

けんた君けんた君

借金を減額してもらえるから支払いが楽になるんですよね。その場合にどのくらいの借金があったらどの程度減額できるのかが知りたいんです。

個人再生で減額出来る借金額

ゆい先生ゆい先生

個人再生でどのくらい借金が減額出来るかについては、元々の借金額によっても異なりますよ。

けんた君けんた君

やっぱりそうなんですね。最低限支払わないといけない金額などもあるんですか?

ゆい先生ゆい先生

あります。具体的には、100万円以下に減額することは認められません。個人再生で減額出来る借金は、具体的には以下のとおりです。

まず住宅ローン以外の借金が100万円未満の場合には全額支払いが必要です。100万円以上500万円以下の場合は100万円に減額されます。借金が500万円を超えて1500万円以下の場合には借金が5分の1に減額されます。1500万円を超えて3000万円以下の場合には300万円まで減額されて、借金が3000万円を超えて5000万円以下の場合には借金が10分の1にまで減額されます。

けんた君けんた君

借金の金額によって、減額幅がかなり異なりますね。

ゆい先生ゆい先生

ただ、住宅ローン以外の借金が1500万円以上になる人は少ないので、多くの場合には借金が100万円か5分の1の金額の多い方の金額にまで減額されると考えると良いでしょう。

けんた君OK

なるほど、よくわかりました。

個人再生の減額幅に関する注意点

けんた君うーん

個人再生の借金減額幅について、他に注意しておく点はないんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

あります。個人再生では、先ほど説明した基準の他、所有している財産の価値の分は最低限支払わないといけないという決まりがあります(清算価値保障原則)。

けんた君うーん

清算価値保障原則によると、たとえば借金が500万円の場合でも、300万円の財産があったら最低300万円は支払わないといけないと言うことですか?

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。個人再生では財産があっても、自己破産と違って財産そのものがなくなることはありませんが、財産があるとその分借金の減額幅が少なくなってしまうことに注意が必要です。

けんた君OK

そうなんですね。

個人再生したい場合にはどうする?

けんた君けんた君

個人再生でどのくらい借金が減額出来るのかはわかりましたが、減額幅は借金額によっていろいろですし、清算価値保障原則などもあって、とても複雑ですね。

ゆい先生ゆい先生

確かにそうです。だから、個人再生をしたい場合には、弁護士などの専門家に相談して、自分の場合具体的にどのくらい借金が減額されるのかを聞いてみる方が良いですよ。

けんた君けんた君

素人判断だと減額幅の計算も間違ってしまいそうですもんね。じゃあ、個人再生での借金減額幅が気になっている場合も、まずは無料相談を利用して弁護士に相談するとよさそうですね。

ゆい先生バイバイ

そのとおりです。がんばってくださいね!

まとめ
個人再生での借金減額幅は、借金額によって異なります。また、個人再生では、所有している財産の価値の分は最低限支払いをしないといけないという清算価値保障原則もあります。個人再生でどのくらい借金が減額されるのかが知りたい場合、弁護士などの専門家に相談して回答を得る方法が確実です。

まずは無料相談を利用して弁護士に相談してみましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!