loan-tanpoken

住宅や車などの資産を購入する場合、高額なので一括支払いすることが難しくローンを組むことが多いです。これらのローンを住宅ローンや自動車ローンと言いますが、住宅ローンや車ローンには、住宅や車を担保に入れるという点で共通点があります。

実はこの住宅ローンと車ローンの仕組みはとても似ています。

今回は、住宅ローンや車ローンの担保権の仕組みについて先生に聞いてみましょう!

住宅ローンの抵当権とは

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、住宅ローンや車ローンについている「担保権」の問題について教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。住宅や車を購入する場合、代金が高額なので一括払いすることが出来ずにローンを組むことが多いですよね。

けんた君けんた君

はい、その場合のローンが住宅ローンであり、車ローンです。これらのローンには、ローン債権者から担保権を設定されるんですよね。

ゆい先生ゆい先生

そうです。まず、住宅ローンの場合には「抵当権」という担保権を設定されますよ。

けんた君けんた君

抵当権が設定されると不動産登記もされますよね。この場合、住宅ローン返済を滞納すると、債権者が自宅を差し押さえて競売にかけてしまうんですよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、そうです。債務整理手続きに入った場合にも競売にかけられますよ。住宅ローン債権者は、住宅の売却金から優先して借金返済を受けることが出来ます。これが「抵当権」の内容です。

車ローンの所有権留保とは

けんた君うーん

車の場合にも担保権がありますよね。これは「抵当権」とは違うんですか?

ゆい先生ゆい先生

違います。「抵当権」は不動産にしか設定出来ないので、車ローンには利用出来ないんです。

けんた君うーん

じゃあ、車の場合には担保権の設定が出来ないんじゃないですか?

ゆい先生ゆい先生

実際には「所有権留保」という方法が執られています。

けんた君けんた君

それなら聞いたことがあります。車ローン完済時までの間は、車の名義をローン会社にしておくんですよね。

ゆい先生ゆい先生

そうです。ローン完済までに返済が滞ったり債務整理をすると、車ローン債権者が所有権にもとづいて車を引き上げてしまうのですよ。

けんた君けんた君

それで、その車を売却したお金からローン会社は借金の返済を受けるのですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。先ほどの住宅ローンの場合の抵当権と非常によく似ていますよね。

けんた君けんた君

そうですね。車ローンの場合には抵当権の設定が出来ないので、所有権留保という工夫をしているのですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。これらの担保権が設定されているローンの場合、返済が滞ると目的の物件を失うことになるので注意が必要ですよ。

ローン返済が出来なくなったら

けんた君けんた君

住宅ローンや車ローンの返済が出来ない場合、返済せずに放置していると家や自動車が無くなるので影響が大きいですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、だからこれらのローン返済が苦しくなったらすぐに弁護士や司法書士などの専門家に相談することが大切ですよ。

けんた君けんた君

そうですね。ローン返済を滞納していても、自宅や車を守る方法はあるんですか?

ゆい先生ゆい先生

滞納期間が短ければ守ることは充分に可能です。また、債務整理方法を工夫することによって、家や車を守る方法もあります。

けんた君けんた君

そのような専門的な手続きを執るには、やはり専門家の知識や助けが必要になりますね。

ゆい先生ゆい先生

そのとおりです。住宅ローンや車ローンを滞納したり、滞納しそうな場合には、すぐに弁護士に相談に行きましょう。

けんた君けんた君

まずは無料相談を利用すると良さそうですね。

ゆい先生バイバイ

そのとおりです。がんばってくださいね。

まとめ
住宅ローンや車ローンには担保権が設定されています。住宅ローンの場合には抵当権、車ローンの場合には所有権留保と言います。どちらの場合も、ローン返済を滞納すると、自宅や車などの対象財産が差し押さえられたり引き上げられたりして、手元から失われることになります。

住宅ローンや車ローンを滞納したり、滞納しそうな場合にはすぐに弁護士などの専門家に相談しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!