nouka-syakkinkaiketu

銀行や消費者金融、カードローンやフリーローンなど借金の種類はさまざまですが、農家は意外と借金する機会が多いです。農家は農機具購入のために借り入れをすることが多いですし、返済出来なくなると農業の継続すら危うくなるなどという、農家ならではの悩みもあります。

農家の借金事情にはどのような特徴があり、借金返済が苦しくなった場合どのような対処法があるのでしょうか。

今回は、農家の深刻な借金事情と対策方法について、先生に聞いてみましょう!

農家の借金は意外と深刻

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は農家の借金の特徴と、返済が出来なくなった場合の対処法を教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。農家の場合、農業を始める際の初期投資や農機具代、設備投資など意外といろいろな費用やリース代などがかかるので、借金する機会が多いですよ。

けんた君けんた君

そうなんですね。農家だと生活費がかからないからあまり借金しなくていいイメージがありますが、そういうわけでもないんですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、しかも都会のサラリーマンの借金とは違い、JAなどからまとまった借り入れをするので借金額も大きくなりがちだという特徴もあります。

けんた君けんた君

そうなんですね。しかも農業の場合、必ずしも収入が一定では無いので、返済が苦しくなることもありそうですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、あります。1年の天候や災害、作物の収穫高によって収入が大きく左右されますので、不作の年などには特に借金返済が苦しくなってしまいます。

けんた君けんた君

農家の借金問題は意外と深刻なのですね。

借金返済を滞納すると農業が続けられない?

ゆい先生ゆい先生

農家の借金問題は、借り入れ額が多額であったり収入が不安定だというだけではありませんよ。JAなどからの借り入れの場合、トラクターなどの農機具に担保権が設定されている場合も多いです。

けんた君けんた君

その場合、借金返済出来なくなったら農機具を回収されてしまいますよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、農機具を回収されてしまうと、生計の元となる農業の継続が困難になることがあります。さらに、借り入れに連帯保証人がついていることも多いので、借金返済を滞納すると連帯保証人にも多大な迷惑をかけてしまいます。

けんた君けんた君

連帯保証人がいる場合に借金返済を滞納すると、連帯保証人に請求されてしまいますよね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。

早めに対策することが重要!農家の借金問題の解決法は?

ゆい先生ゆい先生

農家が借金していて返済が苦しくなったら、状況が悪化する前に早期に債務整理で解決することが大切ですよ。

けんた君けんた君

そうですね。いったん農機具を引き上げられたら、取り戻すのは困難になりそうですよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、だから担保を実行されたり連帯保証人に請求される前に対処する必要があります。

けんた君けんた君

じゃあ、農家が借金問題をかかえている場合、返済を滞納する前に債務整理することが重要ですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。

農家が借金返済に悩んでいる場合には?

けんた君けんた君

農家が借金問題に苦しんでいる場合に債務整理しようとしても、自分では手続きを進めることは難しいですよね。

ゆい先生ゆい先生

はい、自分でJAなどと交渉するのは困難でしょう。弁護士などの専門家に相談依頼することがほぼ必須になります。

けんた君けんた君

じゃあ、農家が債務整理したい場合も、弁護士の無料相談を受けるといいですね。

ゆい先生ゆい先生

はい、近くに法律事務所がない場合でも、最近では全国対応の事務所なども増えているので利用するといいですよ。

けんた君けんた君

それは助かりますね。よくわかりました。ありがとうございました。

まとめ
農家は初期投資や設備投資、農機具の購入やリースにお金がかかり、収入も不安定なので借金問題は深刻です。農機具に担保権が設定されていたり連帯保証人がついている融資も多く、借金を滞納すると農業が継続出来なくなるおそれもあります。農家が借金問題に苦しんでいる場合には、問題が深刻になる前に早期に債務整理で対処する必要があります。

債務整理を検討する場合には弁護士に相談しましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!