借金してしまったけど、これからは真面目に返していきたい!そんな人は、今すぐ然るべき相談先に相談しましょう。

この記事では、

  • 債務整理したい人用の相談先
  • 家計相談したい人用の相談先
  • こんなところには相談しちゃだめ(騙されないで)

上記3つのトピックを解説していきます。

ちなみに筆者も150万円の借金で任意整理した経験がありまして、その時にいろんな相談先に相談しまくりました。リアルで正しい情報をお届けします。

※こんなところには相談しないで!

まずはじめに、画像を3つご覧ください。下記画像のようなサイト、見たことありませんか?

《騙されないで① – 借金減額シミュレーター》

借金減額シミュレーター

《騙されないで② – 国が認めた驚きの借金減額方法》

借金減額シミュレーター2

《騙されないで③ – LINE登録で借金相談》

借金減額シミュレーター3

借金返済について調べたことのある人なら見覚えありますよね。こういうサイトに騙されないようにしてください。

 

《こういうサイトによくある特徴》

  • 国が認めた減額方法!1分で簡単診断!!
  • 簡単4つの質問でどれくらい減額できるかわかります
  • LINEですぐに減額できるかわかります
  • メールも住所も必要なしだから安心!

 

上記で貼った画像のようなサイトは、基本的には全て「自分の事務所の名前だけでは客を取れない弁護士」への紹介所的な役割を持ったサイトです。「1分・4つの質問で簡単」などと謳っておきながら、実際には「結果をお知らせするので or 詳細を確認したいので電話番号を教えてください」と言われます。

筆者も相談先を悩んでいた時、まず最初にこのようなサイトを利用したのですが、電話番号登録後、かなり頻繁に弁護士から電話がかかってきました。一応その弁護士からも債務整理の話を聞いてみたところ、相場よりかなり高い報酬金額を提示してきたのを覚えています。

当然といえば当然です。自分のサイトや名前だけでお客さんがくるような真っ当な弁護士事務所は、こういう紹介所に登録しません。ここに登録するような事務所はお客さんの数が少ないために単価を高くせざるを得ないのでしょう。

このようなサイトで紹介される弁護士事務所で債務整理すると、他でやった時と比べて数万〜十数万円の損をすることがあるので注意しましょう。

では、どういうところに相談すればいいの?

借金減額シミュレーターがおすすめではないという事で、ではどこに相談すればいいのかというと、「自分の事務所のサイトを持っている弁護士や司法書士」です。

自分のサイトを持っている事務所はしっかり自分たちの名前を出してやっているため、適当にやっては自分たちの評判が落ち、長続きしません。自信があるところ、しっかりやろうと思っているところは自分たちのサイトを持っています。

司法書士よりも弁護士に依頼するのがおすすめ

借金返済のために債務整理を依頼するとなると、弁護士に依頼するか、司法書士(行政書士)に依頼するかの2つの選択肢があります。

そして、どちらに依頼する方がいいかというと、弁護士に依頼した方が金銭面・時間面ともにおすすめです。

司法書士や行政書士ではなく弁護士に債務整理を依頼するメリット

弁護士に依頼すると具体的にどのような点がおすすめなのか紹介していきます。

主なものは全部で4点。

司法書士に頼むと、後になって結局弁護士が必要になることも

司法書士は法廷の代理人になることができませんので、個人再生や自己破産といった法廷を挟む手続きを全て自分で行わなければいけません。

司法書士に個人再生や自己破産を依頼すると、最初の手続きだけはやってくれますが、その後の多くの手続きを自分自身で行わなければいけないというのが実情です。

自分で法廷での手続きをできる人はほとんどいませんので、サポートを受けることができるとはいえ、結局別で弁護士に依頼する必要が出てきて2度手間、お金ももったいないです。

であれば、初めから弁護士に依頼しておけば結果的に安くつくことが多いです。

140万円以上の金額に対応できるのは弁護士だけ

司法書士は、「1社140万円以上」の債権になると対応できません。

5社借りていたとして、

  • A社:100万円
  • B社:40万円
  • C社:139万円
  • D社:10万円
  • E社:141万円

司法書士が対応できないのは「1社で140万円」の場合なので、上記の例で言えばA社〜D社は司法書士で対応でき、E社だけできないということになります。A社〜D社を司法書士に依頼して、E社だけをまた別の弁護士に依頼するということもできますが、そうするとやはり2重で費用がかかってしまいもったいないです。

司法書士に比べて早期の対応が期待できる

弁護士が対応する場合、訴訟がちらつくので、司法書士に比べて比較的早く手続きが進みます。司法書士よりも1〜3ヶ月くらいは早まると思っていいでしょう。

ただし、任意整理と個人再生の場合は、手続き終了後も返済義務が残ります。手続き中は支払いがストップするため、手続きが早く終わることが必ずしもいいとは言えません。しばらく支払いを止めて貯金に余裕をもたせたいなら、あえて司法書士に依頼するのもありです。

司法書士よりも過払い金請求に強い

司法書士より早期の対応ができるのと同じ理由ですが、弁護士は訴訟をチラつかせて交渉することができるため、過払金請求に強いとされています。

司法書士だと、過払金請求ができたとしても手元には入って来ず、債務の減額となって終わってしまったなどという話はよく聞きます。その点弁護士に依頼すれば、過払金がしっかりと手元に入ってくる可能性が高くなるのです。

過払金が手元に入ってくれば、それを返済に充てることもできますし、何かの時のための貯金として取っておくこともできます。

一度弁護士に相談してみて、過払金があるならそのまま弁護士に依頼した方がいいでしょう。

家計相談ならFPナビへ

家計改善の相談なら、弁護士ではなく「ファイナンシャルプランナー」に相談しましょう。ファイナンシャルプランナーとは、「ファイナンシャルプランニング技能士」の資格を持っている人たちのことで、いわゆるお金の専門家です。

FPに相談すると、現在の収支状況の把握と改善をサポートしてもらえたり、ライフプランの設計(◯歳で結婚したいからそれまでに◯円用意する、老後のために◯円をいつまでに用意する、など)まで手伝ってもらえます。

FPナビ(参考:FPナビ

FPナビ」で依頼をすれば、ファイナンシャルプランナーに無料で相談することができます。場所は自宅近くのカフェなどどこでも可能なので、余計な費用がかかることもほとんどありません。

事前に何を相談したいか決めておくと相談が捗るでしょう。

まとめ

  • 借金減額シミュレーターには騙されないで
  • 自分のサイトを持っている弁護士に依頼がおすすめ
  • 家計相談ならFPナビから

家計相談も大切ですが、まずは債務整理をして利息を0円にすることが大切。

利息を0円にすれば家計改善で着実に元本を返済していけるようになるためです。

自分のサイトを持っている弁護士事務所に依頼して、まずは債務整理の相談をしてみましょう。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!