syakkinjikou-blacklist

消費者金融やクレジットカードなどの返済や支払を滞納すると、信用情報に事故情報が記録されていわゆるブラックリスト状態になり、借り入れが出来なくなってしまいます。ただ、長期間借金返済をしていない場合、借金が時効消滅することがあります。借金時効になると、ブラックリスト状態からも解放されるのでしょうか。

今回は、借金が時効消滅することでブラックリスト状態が解消されるのかについて、先生に聞いてみましょう!

借金の時効消滅には援用が必要

けんた君けんた君

先生、こんにちは。今日は、借金時効になった場合にブラックリスト状態から解放されるのかどうかを教えてください。

ゆい先生ゆい先生

こんにちは。借金は、返済を滞納するとローンやクレジットカードなどが利用出来ないブラックリスト状態になりますね。

けんた君けんた君

そうですよね。それで、借金は長期間返済をせず最終返済日から一定期間が経過すると時効消滅するんですよね?

ゆい先生ゆい先生

消滅します。ただ、単に期間が経過しただけでは時効消滅を主張することは出来ませんよ。援用という手続きが必要になります。

けんた君けんた君

時効の援用とは、時効の利益を得ます、という意思表示のことですよね?

ゆい先生ゆい先生

そうです。借金の消滅時効は、時効の援用をして始めて有効に主張できるようになるので覚えておきましょう。

時効援用すると事故情報が消除される?

けんた君うーん

それで、借金時効が成立して消滅時効を援用したら、ブラックリスト状態も解消されるんでしょうか?

ゆい先生ゆい先生

はい、基本的には解消されます。ブラックリスト状態になって借り入れが出来なくなるのは、CICやJICC、全銀協などの信用情報期間に事故情報が記録されて融資の審査に通らなくなるからですよね。

けんた君うーん

借金の消滅時効を援用したら、事故情報が消えるのですか?

ゆい先生ゆい先生

そうです。借金の消滅時効の援用手続きを執ると、各信用機関では「完済」扱いになるので、ブラックリスト状態から解放されます。

けんた君けんた君

なるほど、そういうことなのですね。

信用機関によっては援用後の取り扱いが違う

ゆい先生ゆい先生

借金の消滅時効を援用すると、基本的に完済扱いとなってブラックリスト状態から解放されますが、信用情報機関によっては、援用後もさらに5年間ブラックリスト状態が続くこともあるので注意が必要です。

けんた君うーん

それは、CICやJICCなどで借金時効の取り扱いが異なるということですか?

ゆい先生ゆい先生

はい、特にCICで問題になります。CICの場合、時効援用があると「完済」扱いになる場合と「貸し倒れ」扱いになる場合があります。

けんた君うーん

貸し倒れ扱いになると、そこから更に5年間は事故情報が保有されることになるんですか?

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。完済扱いになるか貸し倒れ扱いになるかは、信用機関に加盟している業者がどのような形で報告するかによって異なるようです。一般的には、借金から逃げ回るなど対応が悪かった債務者について「貸し倒れ」報告をすることが多いなどと言われていますが、確かではありません。

けんた君けんた君

なるほど、ただ、どちらにしても、CICでは時効援用をしても「完済」になることもあるけれども「貸し倒れ」扱いになって、さらに5年間ブラックリスト状態が継続する可能性があるということには注意が必要ですね。

ゆい先生ゆい先生

そういうことです。

借金の時効が気になる場合には弁護士相談!

けんた君けんた君

借金時効を援用すると多くの場合にはブラックリスト状態から解放されることはわかりましたが、借金を長期間返済していない場合、援用やブラックリスト問題など、いろいろと考えなければならない問題がありますね。

ゆい先生ゆい先生

はい、だから借金を長期間返済しておらず時効が気になっている場合には、弁護士などの専門家に相談することが大切です。

けんた君けんた君

まずは気軽な無料相談を利用すると良さそうですね。

ゆい先生バイバイ

そのとおりです。がんばってくださいね!

まとめ
借金は長期間返済をせず、最終返済後一定期間が経過すると時効消滅します。借金の消滅時効を援用した場合、多くの場合には個人信用情報から事故情報が消えてブラックリスト状態から解放されます。

ただ、CICの場合には借金時効の援用手続き後さらに5年、ブラックリスト状態が継続する場合があります。



⇒死にかけの借金地獄から脱出した体験談|皆解決できるから負けないで!